カマグラゴールドはどのような医薬品ですか?

みなさんはバイアグラの値段を知っていますか?
そのお値段は約6000円程です。しかもたったの4錠でこの値段です。とても高価ですね…。この薬は勃起不全を完治させるというよりは、性行為の時に勃起することが出来るようになるということなので、毎回、性行為前に飲む必要があります。続けて購入するにはお金が相当かかってしまいます。
そこで世界中の方が利用しているジェネリック医薬品が、ここで紹介するカマグラゴールドです。バイアグラは世界で初めてFDA(アメリカの厚生労働省にあたる)の承認を受けて販売された勃起不全治療薬です。カマグラゴールドは、同成分の後発品として販売されている勃起不全薬です。気になる価格はバイアグラの半額以下です。そのため継続的に購入することが出来ます。

私もバイアグラからカマグラに乗り換えたひとりです。最初はジェネリックに対して不安がありましたが、世界中で多くの人が利用していることや国内の口コミを見て、試しに購入して使ってみました。結局、効果や副作用(私は少し頭痛が出ます)も同じだったため、それからカマグラの購入を続けています。

カマグラのメリットはなんと言っても、バイアグラと同効果で圧倒的に安価であることです。

それではカマグラについて詳しく説明します。

カマグラはインドの大手製薬会社が製造販売しています。

世界中で最も使用されているバイアグラのジェネリック医薬品がカマグラゴールドです。カマグラゴールドはインドにあるアジャンタファーマ社という大手製薬会社によって製造販売されています。この会社は、1973年に設立され多国籍企業で医薬品製剤の開発や製造、マーケティングを行なっています。アメリカをはじめアフリカなど約30の新興国にプレゼンスを持っている大企業です。現在、インドはITの分野だけではなく、医薬品のような化学の分野もすすんでおり、その中でもジェネリック医薬品に関しては世界トップクラスの技術を持っています。インド製のジェネリック品は高品質なので、安心して使用することが出来ます。

カマグラの価格

販売価格は1錠あたり500円以下で購入することが出来ます。国内で処方箋をもらい購入する場合と比較すると約1/3の価格で購入することが出来ます。また、個人輸入のサイトでは複数購入の割引を行なっているところが多く、一度に複数購入するとさらにお得に手にいれることができます。※個人で医薬品を輸入する場合は上限が決められているので、厚生労働省のルールを良く読んで輸入してください。

有効成分シルデナフィル

カマグラゴールドには勃起不全の治療でFDAから承認を得ているシルデナフィルが含まれています。これは、男性の海綿体血管拡張し、陰茎内部の血流を増加させ、勃起を引き起こします。

カマグラゴールドの用法

カマグラゴールドは1日1回1錠25mg~100mgを性行為の約1時間前に経口投与します。1日に100mgを超えて服用することは出来ません。たとえ、25mgを使用しても24時間以上経過しないと次の投与は出来ません。
※使用する際はよく説明書をよくよみ用法・用量を守ってご使用ください。
グレープフルーツなどの柑橘系は避けるようにしてください。例えば、グレープフルーツジュースでカマグラゴールドを服用してしまうと、過剰な血圧降下の作用が起きてしまう可能性があるためです。

カマグラゴールドは種類が豊富

勃起不全薬を使用したことがある方で飲むタイミングに困ったことはありませんか?
この手の薬は錠剤がそこそこ大きいため水がないと飲み込むことが非常に困難です。食事のタイミングやパートナーの都合によって、服用のタイミングに必ず水があるわけではないからです。

そこで開発されたのがカマグラの関連商品です。チュアブルタイプやゼリータイプがあり水なしで服用することができます。さらにチュアブルタイプを口の中で舐めて溶かすと吸収が早いとされています。また、ゼリータイプも液状のため吸収が早く、即効性に優れています。

パートナーの隙をみてササッと飲み込むことが出来るので、パートナーに気づかれることがなく性行為を楽しむことができます。

まとめ

カマグラゴールドは販売されてからずいぶん経ちますが、いまだにファンが多く利用者も増えています。勃起不全で悩んでいる方でコストを抑えたいとお考えの方は選択肢に入れるのも良いのではないでしょうか?

一度の購入だと差は感じられないかもしれませんが、1年や2年単位で考えると大きな出費の差が出ます。私はカマグラに乗り換えてから、金銭的な負担が大きく減り、その分をデートに費やすことが出来てパートナーとの関係も更に良くなりました。デートが楽しければその後の性行為もより燃えることが出来るので、ある意味カマグラ効果ともいえるのではないでしょうか。

入手するには輸入するしかありません。輸入して使用するには自己責任になりますので、厚生労働省の個人輸入に関するページを良く読み、医師に相談してから使用してください。