カマグラゴールドの勃起薬としての仕組み

カマグラゴールドは国内でも知名度があり、年々使用する人が増えてきている人気のED治療薬です。ただ、ED治療薬がどのように働いて勃起するかを知っている人は少なく、副作用や精子への影響が心配で使用してないという方は多いです。
ED治療薬の作用を詳しく知ることでインポテンツの悩みをお薬で解決できるかもしれません。このまま性行為が困難な状態が続くと、メンタル面にも大きな悪影響を与えます。それはさらに勃起不全の改善が困難な状態になってしまいます。詳しく知って可能性を広げることとても大切なことです。そして夜の生活で満足ができるようになると以前のように人生が楽しくなります!

有効成分シルデナフィルを知る

シルデナフィルは広範囲の原因で発症する勃起不全のための経口療法です。ホスホジエステラーゼタイプ5という酵素を阻害することにより、海綿体平滑筋が弛緩し、性的刺激の間に勃起を増強させます。(シルデナフィルは血圧を一時的に低下さるため、シルデナフィルと有機硝酸塩を併用すると低血圧が起こります。この組み合わせは禁忌です。)

シルデナフィルは急速に体に吸収され、投与1時間以内に用量比例ピーク血漿濃度が得られ、排出半減期は3〜5時間です。服用量は通常、必要なときに50mgで始まり、1時間に1回以下の性行為の前に服用します。最大用量は、必要とされる場合は100mgで1日1回のみです。

米国で行われた容量滴定用量試験

有機(例えば、糖尿病または脊髄損傷)、精神病または混合起源の勃起不全を有する3000人以上の患者が、シルデナフィル5〜100mgまたはプラセボを固定用量または滴定用量で服用しました。シルデナフィルは、勃起の頻度、硬度および持続時間、および成功した性交に適した勃起を維持するための患者の能力における用量関連の改善と関連していました。滴定用量試験では、100mgでしたが、一部の患者ではより低用量が有効でした。シルデナフィルは、試験したすべての原因の勃起不全において、プラセボよりも有意により有効でした。シルデナフィルの有効性は、抗高血圧薬または抗うつ薬による影響を受けませんでした。この薬の有効性は、長期(1年間)の研究において維持されました。シルデナフィルは、患者とその性的パートナーの生活の質を改善します。シルデナフィルに関連する一般的な副作用は、一時的なもの、軽度または中等度であり、頭痛、潮紅、消化不良、鼻の鬱血が含まれていました。耐性は、長期間(1年未満)の研究で維持され、臨床試験で重大なシルデナフィル関連副作用は発生しませんでした。

シルデナフィルで性的興奮する?

シルデナフィルを摂取していても性的なリビドーが存在しない場合や男性器に対する刺激が行われない場合は勃起が起こることはありません。また、シルデナフィルには性欲が増すなど、性的な気分を高揚させる媚薬みたいな働きはありません。

ED治療薬はこうやって誕生した

世界で初めて商品化されたED治療薬はバイアグラです。有効成分はシルデナフィルで、これは英国ファイザーのサンドウィッチに建てられた研究施設にて合成され、当初は狭心症と高血圧に対する治療の薬として研究開発が行われていました。しかしながら第I相臨床試験において狭心症にほとんど影響が無かったことが明白になると研究開発中止の決定が下りました。臨床が終了したのち被験者から余った薬剤を回収しようとしたのですが、彼らは返却を渋り出しました。理由を確認し調査したところ、男性器の勃起力の向上がみられた為でした。そしてその後1998年3月27日にFDAによって勃起不全での使用が承認され爆発的な大ヒットになりました。その後、カマグラは、インドの大手製薬企業アジャンタファーマ社は高度な研究施設と開発者達によって製造販売し、現在では世界中の人が愛用しています。

まとめ

カマグラゴールドはジェネリック医薬品です。先発薬の成分と同一成分を含有しているためプロファイルは同等とされています。カマグラゴールドはジェネリックのため価格が安く、先発薬の半分以下のお値段で購入できます。先述した通りジェネリックは先発薬とほぼ同じで、効果も同じはずですが、一部の人は違いを感じる事があります。それは先発医薬品と後発医薬品への意識の違いによるものかもしれません。その為、バイアグラの方が正常な薬効が現れ、副作用も出ていないと受け取る人もいらっしゃいます。一方でカマグラゴールドの方を購入しても偽物だったらどうしようという不安がネガティブな症状として現れるかもしれません。ですが、ジェネリックは安価なため偽物を作って販売するメリットがありません。EDの先発医薬品と後発医薬品どちらが優れているのか、薬効は同等なのか、それを科学的に検証する企業もないでしょうし、個人で`調査するのは難しいです。カマグラゴールドとバイアグラにかかわらず、医薬品は体調や食事など様々な条件で効果や副作用が異なってくるためです。薬の性能の違いではなく、その時の条件に寄る場合が殆どだと考えられます。個人輸入代行サイトのレビュー欄や口コミ欄をみた限りでは、どちらも似通った投稿がされています。一方では効き目はあったが、他方ではまったくポジティブな変化を感じられなかったという極端なことは極々少数の意見です。