心の不調とED

あなたは自分の心の不調に気がついていますか?
心の不調すなわちストレスはEDを引き起こす原因のひとつです。ここでは心因性のEDについて説明致します。自分の心の不調を知り、ED薬を理解することで心因性のEDは治療することができます。
知人はストレスについて専門家と話し、EDについてはED薬を使用して治療することに成功しました。
勃起の問題が解決するだけで、心の負担は大きく減少し、ストレスそのもの解決も早まります。
この項を参考にぜひ心の不調改善に役立ててみてください。

心因性EDについて

心因性EDとは健康的な一般男性が仕事や私生活などの精神的な不安から性行為の最中に勃起不全になる症状のことです。症状は個人差があるため、ここで具体的に述べる必要はありませんが、パートナーとの性行為中に勃起しないかもしれないという不安は共通してあります。そのことが更に心因性EDがひどくなってしまうことがあります。たった一度だけ勃起しなかったことが原因で心因性EDに陥ることもすくなくありません。30代から40代にかけて仕事の責任が増え、おのずとストレスも増していきます。定年退職した60代よりも男性ホルモンの分泌量が減っている人が多かったという統計データもあるほどです。そしてEDになったからといって性欲が減退するわけではないため、さらにフラストレーションが溜まっていくという悪循環になります。朝立ちといわれる早朝勃起があり、自慰も出来るのにパートナーとの性行為が満足できないという方は心因性の可能性が高いです。

勃起を起こすためには、体が健康であると共に、精神的にもゆとりがあることが重要です。生活習慣による血管壁が傷み、陰茎の血流が悪くなり、インポテンツを助長します。このような器質性EDとは異なり、インポテンツは個人によって多様な原因があるので、その原因を解決していくことが大切です。心因性のインポテンツに悩む男性は、自分自身でどうにかしようと試みるものの、逆に性行為に対して焦りや緊張していまい失敗する場合が多くみられます。失敗した事実がさらに劣等感や不安を大きくし、「今回もダメかなぁ…」「また失敗したら…」という予期不安を招きます。勃起しているときは自律神経の副交換神経がONになっており、不安や悩み、緊張の状態になってしまうと逆の交感神経がONになってしまいます。不安や悩みがある人はどうしても緊張状態の交感神経がONになります。自律神経を意識的にコントロールすることは出来きません。無理にコントロールしようとすると、自分の意思とは逆に緊張を煽ってしまうことになります。

心因性EDになりやすい人は、几帳面でまじめな人、つい考えすぎてしまう人、相手のことを気にしすぎる人などが多いようです。ストレスは知らないうちに積もり積もっていきます。仕事やプライベートの人間関係などがストレスの原因として常に上位にあります。ストレスの相手との関係をなくすことは難しいかもしれませんが、それをストレスと感じないようにする方法をカウンセラーなどと相談して実行してみるのも良いでしょう。すぐに出来ることではありませんが、焦らず時間をかけていけば誰でも解決出来るので、ストレスとつきあっていく方法を探して行きましょう。

心因性EDの治療方法には治療薬の服用があります。薬の処方には医師の診断が必要です。勃起不全について医師に診てもらうことを避けようとする男性はまだまだ多く、個人輸入代行サイトなどを利用して海外からED治療薬を輸入している方もいらっしゃいます。最近は個人輸入代行サイトの利用者も多く、処方箋が不要で通販のような感覚で利用出来ます。カマグラなどのED薬は勃起力が向上するので、本番で勃起が出来ないかもしれないという不安はなくなります。そこから徐々に自信を取り戻していけばいつのまにかEDに対する根本的な不安は拭い去ることが出来るかもしれません。

心因性EDの治療は薬で改善できます。もし薬を使って何かしら改善があればそれは血管などの傷害である(器質性)EDではありません。すなわち体は健康であるということです。

EDになる原因

EDは主に以下の3つのタイプに別けられます。それらのEDになる原因について解説します。

心因性EDになる原因

ストレスからなるものと、性行為時に勃起できなかったケースがあります。
原因がストレスの場合は、日常生活でどのようなことにストレスを感じているのか特定するのが大変困難です。周りからみてストレスとわかることよりも、本人の内側で積もって大きくなることが大半だからです。また、現代人はうつ病になりやすく、実際になっているだけではなく、潜在的になりえる人がたくさんいます。
そして、過去のたった一度の性行為の失敗からEDになる場合は、どうしても「次も勃起しなかったらどうしよう」や「中折れしたら彼女に申し訳ない」などの不安がどんどん大きくなってしまい結局本番で勃起出来ないということになってしまいます。体調のせいか自慰行為のやりすぎかわかりませんが、たった一度の失敗によって不安や緊張などによりEDになる場合があります。

心因性EDには「ストレス」と「過去の失敗」が原因といえます。

他の原因のED

物理的に引き起こされるEDを医学的に器質性EDと呼んでいます。
勃起に関係する各神経や組織、血管系および陰茎自体の異常が原因で発症するEDを指し、男性ホルモンの分泌が少なるなることによって発生する内分泌性障害、陰茎折症、脊髄の損傷のような外傷の後遺症としても器質性EDになります。

このように器質性EDには細かく以下のように分けられます。

血管性

男性器の海綿体に血液が充満することで勃起の反応がおこります。そのため勃起は血管によって起きるといえる関係で、血管の障害がEDの原因と関係付けられます。

神経性

脳から性的な刺激が男性器に伝達して起こります。ですが、なんらかの原因で神経伝達に問題が発生することで勃起不全となります。

内分泌性

内分泌とは、テストステロンのことをいいます。この男性ホルモンの分泌阻害があると、勃起や射精などを促進するドーパミンが増えずに、勃起不全へと繋がります。男性ホルモンの低減により平滑筋が充分に緩まず、男性器へ流入する血液の量が制限され勃起不全を引き起こします。

外傷や手術

先天的な男性器の奇形や外傷によって男性器に傷がついたり、骨盤骨折や頭部の外傷による要因によって引き起こされた勃起不全のことをいいます。

薬剤性EDになる原因

服用した薬によって引き起こされるEDを指します。ですが薬剤性EDは服用した薬が原因という可能性しかありません。該当する薬を使用しているときにEDを発症したとしても、原因は他にあるかもしれないためです。例えば、うつ病の薬には、薬剤性EDの可能性を持っています。ですが、うつ病に性欲減退が見受けられ、抗うつ剤によって発症したとは言えません。

原因特定が困難ですが、薬剤によってEDの可能性があるものをまとめました。大きく分けて8種類に分類が出来ます。
①精神神経用剤(催眠鎮静剤、抗うつ剤、等)
②呼吸器用剤(ベータ刺激薬、テオフィリン、等)
③ホルモン剤(抗アンドロゲン製剤、等)
④脂質異常症治療薬(フィブラート系、スタチン系、等)
⑤降圧剤(カルシウム拮抗薬、ベータ遮断薬、等)
⑥抗潰瘍薬(メトクロプラミド、スルピリド、等)
⑦消炎鎮痛剤(非ステロイド系抗炎症剤、等)
⑧アレルギー用剤

上記の薬剤が必ずしも勃起不全を引き起こすわけではありません。あくまでも可能性があるだけです。
ここで注意しなくてはいけないのが、EDになるならこれらの薬の使用を停止するという考えです。これらの薬剤を使用しているのは健康な生活を送るために処方されたものだからです。ED回避のためそれを度外視するということは絶対にあってはいけません。
ED治療薬であるシルデナフィルなどのお薬と併用して問題ないか医師に相談することをお勧めします。

まとめ

自分自身で心の不調を解決することは難しく、専門家に依頼するのが一般的です。ですが、治療には長い時間が必要です。カマグラであれば即効性があるので、性行為の時に勃起出来ないかもしれないという不安は解消されます。専門家にストレスを治療してもらいつつ、カマグラで心因性のEDを治療するのが良いのではないでしょうか。