ED薬のジェネリック市場

EDの発症は恥ずかしくて病院に行けない…。でも、どうにかして治療したいと悩まれていませんか?

ED治療薬の市場は、勃起不全の発生率の高まりや世界的な高齢化に伴い、指数関数的に増加すると見込まれています。勃起不全の治療に対する需要は、重篤な疾患の発病、意識の高まり、患者への周知のために増加しています。
さらに安価で入手できるジェネリックの需要も年々増え続けています。さらにジェネリック品は様々な剤形での入手が可能性であり、勃起障害を有する人々の治療のためにより多くの選択肢があります。

これらインポテンツの治療薬はどれも店頭で入手することが出来ません。医師の処方を受ける必要があります。ただし、厚労省が創設するコンパッション・ユース制度によって、未承認薬にアクセスすることができます。平たく言うと、個人の使用目的で海外から医薬を輸入することが許されています。その際処方箋は不要です。そのサポートを行うサイトがいくつかあります。

アジャンタ社のシルデナフィル錠カマグラゴールドの販売は、国内でインポテンツと診断された推定1130万人の男性に手頃な価格の治療を提供します。

男性のインポテンツの治療に適応されているカマグラは、PDE5を阻止してcGMPの分解を防ぎます。結果としてより良い勃起をもたらします。性的刺激がないときには、勃起を引き起こしません。同じメカニズムによって動作する他の薬は、タダラフィル (シアリス) とバルデナフィル (レビトラ) があります。

ジェネリック医薬品とは?

開発特許を取得した薬と同じ化学物質を保有しており、原薬の特許の満了後に販売することが認められています。活性化学物質が同じであるため、ジェネリック医薬品の医療プロファイルは同等の性能であると考えられています。
薬の味や剤形の違いは認められているため、バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラは、水なしでも飲める様にゼリータイプにしたり、お薬が苦手な人に向けて、フルーツ味のチュアブル錠など様々な種類を販売しています。このように、薬の効果や安全性に影響しない範囲で工夫されています。効果や安全性の確認のために、溶出や安定性など、多くの試験が設けられています。ちなみにジェネリックの名前は、クラス間およびクラス内で薬物を区別し、その行動を示唆する標準化された接辞を使用して作成されるため似たような語感の商品名になります。

ジェネリック医薬品はどれくらい安い?

ジェネリック医薬品は新薬の20%~50%の価格に設定されています。インポテンツやAGAのように、中長期的に飲み続ける薬や数種類か飲んでいる場合は特に、薬にかかるコストの差を実感することが出来るでしょう。

勃起不全治療薬を8回/月、1年間服用した場合

バイアグラ 50mg
14万4000円=1,500円×8×12
カマグラ 50mg(バイアグラ ジェネリック)
2万8800円=300円×8×12
差額
11万5200円=14万4000円-2万8800円

金額は冒頭の表にある1錠辺りの価格のみを計算した場合です。

どうしてこんなに安い?

ほとんどの場合、ジェネリック薬は、医薬品のオリジナル開発者に提供された特許保護が失効した後に利用可能になります。そして、ジェネリック医薬品の創出にかかる費用が少なく、製造コストだけで、創薬や医薬品開発の費用もかからず、低価格で収益性を維持することができるためです。。開発期間が短いためコストが大幅に抑えることが出来ます。さらに薬の需要があるものがジェネリックとして開発されるため販売数量などを見込める事ができます。開発コストを抑えることがジェネリック医薬品を安価に提供できる理由です。
ジェネリック医薬品メーカーによって導入された多くの医薬品はすでに10年以上市場に出回っており、すでに患者やプロバイダーには周知されています。

ジェネリックの普及率

日本での普及率は約69%です。厚生労働省はジェネリックの使用を推進しています。欧州の医療先進国でも普及率は日本よりも高く、約70%です。もっとも普及しているのはアメリカで88%以上がジェネリックを使用しています。ジェネリックの開発が盛んなインドは世界のジェネリック医薬品市場において2017-18年(4〜3月)に173億米ドル相当の医薬品を輸出する主要国です。インドはジェネリック医薬品を主に米国とEUに輸出しています。今後、日本にもインド産のジェネリック医薬品の輸入は増えると予想されます。

まとめ

ED薬のジェネリックに不安を感じるかもしれませんが、カマグラに関しては、世界中の方が理由しているとう裏付けがあります。価格や飲み方などメリットは感じられるはずです。医薬品ですので、服用に関しては用法・用量を厳守して使用してください。